かぼちゃ通信 NO.11(2005.4.4)

 インフルエンザの流行も収まり、桜の花も咲き始め、ようやく春らしくなってきました。
 入園・入学・進級・職場の移動など生活環境が変わるご家庭も多いのではないでしょうか。
 こんな忙しいときこそ意識して、ゆっくり子供の話を聞いたり、見守ったり、時間にゆとりを持って、
笑顔で過ごせるように心がけたいですね。

子供の生活 赤ちゃんの歯みがき
 生後6ヶ月を過ぎて乳歯が生え始めると歯みがきが必要になります。
 でも初めのうちは嫌がるのを押さえつけて無理にみがくより、お遊び程度でも、歯みがきの習慣づけを目標にした方が良いようです。食後にお水やお茶でお口をさっぱりさせたり、赤ちゃん用の歯ブラシを持たせて見ましょう。ご機嫌のいいときに、ひざの上に寝かせてみがいてあげましょう。小さめの歯ブラシで、楽しく優しく軽い力で。毎食後は無理でも、一日一回はスキンシップを兼ねてみがいてあげられるようにしましょう。
 自分でみがけるようになってからも仕上げみがきをしてあげると良いようです。
 お話しながら、歌いながら、楽しみな時間になったら良いですね。


***** お知らせ *****
★4月18日から診療時間が変更になります。

診療時間 : 午前9:00〜12:00 午後15:00〜17:30
休診日   : 土曜午後・日曜・祝日
予防接種 : 月・火     14:00〜15:00(予約制)
乳児健診 : 水・木・金     14:00〜15:00(予約制)


★3月いっぱいで時沢先生が退職されることになりました。

★替りに4月11日から、宮崎全隆先生が来て下さることになりました。

3月まで群馬県立小児医療センターにお勤めで、神岡産婦人科での緊急帝王切開などのお産に立ち会っていただいたことも多いので、当院の患者さんの中にも、生まれたときに診てもらったというお子さんもいらっしゃるかもしれません。病気のことはもちろんですが、父親の目線からのアドバイスももらえると思います。

★職員一同も、心を新たにして、少しでも皆様のお役に立てるように、よりいっそう努力してまいります。