予防接種の話 3.家族の病気と予防接種

 家族がみずぼうそう、風疹、おたふくかぜ、はしかなどにかかった後で本人が潜伏期にあると考えられる場合、 予防接種は見合わせています。
 その他の風邪や嘔吐下痢症の場合は,感染力や本人の状態によって考えるようにしています。
 園や学校で***が流行っているという場合、どれくらい身近で流行っているか、 何の予防接種を受けようとしているかで検討します。2つのウイルスが重なって症状が重くなるということはありませんが、 特に生ワクチンの場合は、期待した免疫効果が得られないことがあるからです。